【Independence Pro】 気になるセール品×2 【Xpansion Tank 2】

【Independence Pro】 気になるセール品×2 【Xpansion Tank 2】


既に購入済みという方も多いでしょうが、話題のセール中ソフトシンセ2品をご紹介。

【1】 Yellowtools Independence Pro (ドングル不要版)
64GBという大容量にも関わらず23,100円で購入出来てしまう。
前バージョンでは別売りだった『Culture(パーカッション専用音源)』、『Majestic(ベース専用音源)』、『Candy(ブラス専用音源)』の各ライブラリがそのまま収録され、オーケストラ・ライブラリ『Kirk Hunter Symphony Orchestra』と『NOTRE DAME DE BUDAPEST(ブダペスト・ノートルダム寺院のチャーチオルガン)』からの抜粋も収録された内容は豪華絢爛。

当然本国直のダウンロード販売が最速・最安(15.026円 or 162,49ドル)ですが、多機能+大容量故にDVD+日本語マニュアル・サポートの有る国内版がオススメ。
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_62.jsp

搭載音色リストは下記PDFにて確認出来ます。
http://www.crypton.co.jp/download/pdf/YTINDP_lib.pdf

5月下旬出荷予定という事でまだ届いておりません。ワクワクテカテカ。

【2】 IK Multimedia Xpansion Tank 2
本国からのダウンロード購入で49.95ドル~、日本代理店から購入の場合は6,930円というお手頃価格。

この製品の特徴は追加ライブラリを選べる事。
通常、約1GBの基本ライブラリに加え、全30種類の追加ライブラリからお好きなライブラリを1つ選んでダウンロード出来るのですが、今行われているセールでは4個プラスした合計5個のライブラリが手に入ります。(5月中旬現在)
期間中購入者が4000人を超えると更に+1ライブラリの合計6個に。

本国から買うならesoundz.comがオススメ。
Kontakt用ドラム音源とRAWのループが貰えますよ。 (esoundz.comのみの特典)
http://www.esoundz.com/details.php?ProductID=4293

国内版はこちら
Xpansion Tank 2発売記念「春の音源倍増計画」
http://www.minet.jp/ikmultimedia/xpansion-tank-2

ライブラリの品質は残念ながらお値段相応。
ソフトシンセ入門、ノートPC用の総合音源としてなら最適かと。
ちなみに私は所有音源と少しでもテイストの違う物を求め下記のライブラリを選択しました。

  • Vintage Keys Collection
    AKAIライブラリで定評のあるVintage Time Travelerからの収録に期待して選択。
    エレピ系が充実しているものの、サンプルポイントが少なくEast West Quantum Leap COLOSSUSのクオリティには遠く及ばず残念感有り。
    ハモンド音色も決して悪いという訳では無いんですが、フェチ過ぎてハードを所持している身としてはスルーせざるをえない内容。
  • Hip Hop Instruments
    今回選択した中では一番良かった。シンセ系の音色だけでなくオーケストラ系のサウンドも入っていてお得。ヒット系音色の充実を狙ったがその点ではハズレ。
    他同様サンプルポイントが少ない為、East West系とバーチャルアナログ系ソフトシンセでガッチリ固めている人にはやはり不要か…。
    余談ですが、ヒット系の音色が最も充実しているのは以外にもBEST SERVICE Cult Samplerです。Roland系、AKAI系、シンクラビアの名作ライブラリが大量に入っているのでかなり充実しますよ。いやホントに。
  • OmniSynth 2
    ノートPCに入れたいと思い選択。1Gちょっとの容量に全てを詰め込んでいる音は相応な品質だが、用途を考えるとオススメ度は高い。
    ソフトシンセを揃えていない人だったらこれが一番使い出のあるライブラリだと思われる。
  • Vocal Collection
    クラシックなクワイアとPOPなコーラスが特徴的。特にスキャットぎみなコーラスは所持してなかった為気に入った。
    全体の半分を占めるボイスパーカッションが謎。誰得なのだろうか。
    また、他ライブラリ全てに言える事なのだが、アタックの質感が若干違うだけ、エンペローブで対処出来るであろう音色等多く、その全てが別のサンプルで作られているという無駄加減はいただけない。どうしてこうなった。
  • Up Tempo Electronica
    マルチサンプルから選ぶ物が無くなったのでループをチョイス。
    ドラム以外のループ物を使うと自作品感が持てない為避けていたが、アイデアラッシュ用のスターターとしてかなり使えるかもという印象。
    他ライブラリは9割程削除し精鋭のみ残したが、このライブラリは暫定的にそのままHDに残した。うーん微妙だ。

基本ライブラリに入っていたメロトロンが中々使える感じです。楽器の特性上サンプルポイントが多くなくても”それなり”ですし、気に入りました。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます