KORG Volca Bass所感的な何か 【動画でサウンドチェック!】

KORG Volca Bass所感的な何か 【動画でサウンドチェック!】

Volca Keysだけ買うつもりだったんですが、Twitter TLの誘惑に負けてVolca Bassゲットしちゃいました。

以下はInstagramに投稿した動画のまとめなのです。

◆KORG Volca Bass Unboxing! 【動画】

設計は日本、製造はベトナムと記載されています。この安さだと中国工場で作ってるのかと想像していましたが、KORGさんベトナムにも提携工場があったんですね。

◆鍵盤で奏でる (音が出ます) 【動画】

内臓ステップシーケンサーでアシッドな音を出すのも良いですが、MIDI鍵盤でガシガシ遊んだってOK。
Bassマシンというコンセプトながら、MS20miniより広いMIDIノート受信領域を持つVolca Bassならリードサウンドだって余裕です。

◆オシレーター3つで和音の音色も (音が出ます) 【動画】

3VCOをバラバラにチューニング出来るので、あのサウンドだってバッチリ再現。

◆フィルターでのサチュレーションはアナログならでは (音が出ます) 【動画】

KORG700Sを再現したとされるピーキーなレゾナンスフィルター。
フィルター内部で歪む感じが1974年頃のELPライブで聴ける”ヒリヒリ”したmoogサウンドっぽい気も。かなり良いです!

3VCO・1VCFのMIDI対応アナログシンセサイザーが1万円台で手に入る奇跡!
トラックに太いベースサウンドを加えるだけで無く、脳を貫くようなリードサウンドまでカバー出来るKORG Volca Bass。費用対効果抜群です!

◆おまけ… Volca Bass純正バック 【動画】

嘘です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます