RME Multifaceが壊れた場合、修理するといくらかかる?

RME Multifaceが壊れた場合、修理するといくらかかる?

RME Multiface(初代)とHDSP PCI Cardのセットが故障したので修理してもらいました。以下、参考になればと。

RME Multifaceが壊れた場合、修理するといくらかかる?

経緯

普段はMultiface IIとHDSP PCIe Cardのセットを使っているのですが、
ミキサーを介さずCubaseへ直で繋げられるチャンネルを増やしたい為、
押入れで眠っていた初代Multifaceを復活させる事にしました。
(Multifaceは複数同時使用が可能なのです)

Multifaceの複数同時使用しかし、Multifaceの調子が悪い!
思い出しました。
そもそも調子が悪かったので使ってなかったのです。

下記のような状態です。

症状

・MultifaceをHDSP PCI Cardが認識しない時がある。
 (この時HOSTランプが赤色に点灯)
・Digifaceと誤認識することもある。
・HDSP PCI Card自体がPCに認識されない時もある。
・PCからの給電を止め、純正電源アダプタを使用しても改善されず。
・オヤイデのFWケーブルでも状況は改善されず。

以前、本国ドイツのRMEフォーラムで尋ねた所、
「それアカンやつや、最寄りの代理店で見てもらえや」
と中の人に言われたんでした。

どうしようもないのでシンタックスさんへ修理依頼しました。

見積もり用に検査してくれた後、
修理対応して頂いた内容は下記の通りです。

修理対応内容

◆Multiface本体
・データ送信用ICが破損し、通信が正常にできていなかった為交換。
・電源回路部の消費電力が規定より大きくなっていたた為、コンデンサとインダクタ交換。
 ※これが原因でPCIカード側にストレスがかかっていたとのこと。
・全機能の検査を実施。
◆HDSP PCI Card
・電源供給部のコンデンサを交換。
・Multifaceの認識にも不具合があった為、回路変更。
・全機能の検査を実施。

費用内訳

品名(内容) 単価 金額
◆Multiface本体      
・CAP LYT 1mF/50V 105℃ 20% RAD 1 438円 438円
・INDUCTOR 100uH 3A 20% SMD 1 540円 540円
・LVDS Driver IC DS90LV017ATM 1 960円 960円
・CAP LYT 220uF 35V 105℃ 2 180円 360円
・CAP LYT 220uF 25V 105℃ 2 95円 190円
・技術料 1 16,000円 16,000円
◆HDSP PCI Card      
・CAP LYT 22uF 50V 105℃ RAD 1 40円 40円
・CAP MLC 4u7 25V X7S RAD 1 226円 226円
・RES MF 20k0 1% 1/4W AX 1 50円 50円
・技術料 1 9,672円 9,672円
 
小計 28,476円
合計(消費税込) 29,900円

コンデンサの経年劣化だけでなく、色々壊れていました。
写真:取り替えられた部品取り替えられた部品
写真:Multiface本体は丁寧に梱包・端子保護されて帰ってきましたMultiface本体
ボード全交換等にはならなかったのが不幸中の幸い。
劣化度不明の中古・オークション品を追加するよりは圧倒的に安心且つそこそこリーズナブルな費用に収まってくれました。

ということで、予定通りの環境が実現。VSTコネクションこんな感じでバッチリです。

ちなみに、修理依頼フォームからの問い合わせ~修理品到着まで約2.5週間でした。

Multiface IIとのコンビで大事に使っていきたいと思います。

【参考リンク】
Synthax Japan Inc. [シンタックスジャパン]
http://www.synthax.jp/

RME製品の修理依頼はこちら
http://www.synthax.jp/repair.html

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます