いまさら GIGASTUDIO2.54をWindowsXPで使う

...いまさら GIGASTUDIO2.54をWindowsXPで使う

現在メインで使用しているPC性能のおかげで負荷分散をする意味が無くなり、GigaStudio専用マシンを起動する機会は極端に減っています。
とは言ってもGigaStudioは(個人的に)HALionやKONTAKTに比べファイルブラウジングに優れている上、変換したAKAIライブラリも大量に入っています。

常用する程でも無いので失敗しても痛くないし…いまさらGigaStudio2.54を安定動作事例の少ない(?)WindowsXP上で動かしてみました。

98SEと違ってRAM1G使えるようにするのが狙いでもあります。

GigaStudio2.54を安定動作事例の少ないXP上で…

動かすマシンはこんな感じです。

  • Pentium4 2.53GHz
  • ASUS P4PE
  • 1GB RAM
  • M-Audio Audiophile2496
  • WindowsXP SP2
  • HD : OS用160G
  • HD : ライブラリ用160G

HDからのストリーミングパフォーマンスを最大限有効にする為、以下のように接続。
 ・HDコネクタのプライマリマスターにOS用160G、スレーブにDVD-RAMドライブ
 ・HDコネクタのセカンダリマスターにライブラリ用160G
 このように通常とは異なる接続をしています。

数世代前の構成ですがGigaStudioには十分過ぎるスペックかと。

PCのスペック
  • システムの設定
    コントロールパネル→システム→詳細設定タブ→パフォーマンス設定→詳細設定タブ
    下のようにプロセッサはバックグラウンド優先、メモリ使用量はプログラム優先にします。
    メモリ使用量をプログラム優先にしないとメモリ使用量25パーセント以上でGigaStudioがエラーを吐くようになってしまいますのでご注意を。
PCのスペック

※GigaStudioのインストーラはXPに対応していない場合があり、その場合98SE上でインストールした後、OSをXPへアップデートする必要があります。詳細は状況によって異なりますのでタスカムのサポートへ。

オーディオインターフェイスとGigaStudioの設定

■ M-Audio Audiophile2496の設定

  • 44.1kHz 24bit
  • Buffer 256 sample(レイテンシーは5m)
  • S/PDIF入力からクロックを受けるスレーブ
M-Audio Audiophile2496の設定

■ GigaStudio2.54の設定

  • 発音数160ボイス(MAX)
  • S/PDIF出力使用
  • Buffer1MB
GigaStudio2.54の設定

あっさりと動いた!

GigaStudio2.54

そもそも使用者が少ないのか…安定動作事例の少ないWindowsXP上での動作ですが、ご覧の通り問題なく動作しました。

160voiceメモリ95パーセント使用した状態で160ボイス発音。ノイズも無く良好です。
CPUについてはパワーを持て余す程…という結果になりました。

まだまだGigaStudioは現役で使えそうです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます