Prominy「SR5 Rock Bass 2」が3月15日にリリース

Prominy「SR5 Rock Bass 2」が3月15日リリースだそうで。
SR5は楽にクオリティを上げられる、個人的に最も音が好きなBass音源でして、IK MODO BASSも所有しておりますが断然こちらが機能も音の趣味もど真ん中!

Prominy社製品の良さはデモ動画でも一目瞭然ですが「鍵盤でリアルタイム演奏するだけでもリアル」であること。
キースイッチを適時押すくらいは必要ですが、とにかく「楽でリアル」なんです。この両立が他社では中々実現出来てない。
もちろんMIDI CCを細かく書いて更に異次元のリアルさへ持ち上げる事も可能です。

今なら予約特別価格30% OFFとのこと。
また、SR5 ver1からのアップデートも予約特価7,549円(税込)とユーザー向けメールに書かれていました。
(両方3月15日までの特別価格)

これはアップデートするっきゃない!
http://prominy.com/japan/SR5_2.htm

このProminy社、会社は札幌。ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、X6800用のゲーム「ジェノサイド」、コンシューマ用だと「ドラッキーシリーズ」等のタイトルをリリースしていたZOOMのサウンド部門なんですよね。
(KORG社員さんが独立して起こしたエフェクトで有名なzoomとは別です)

デモ動画

以下引用

約26GB*、21,700サンプルを含むヴァーチャル・MusicMan StingRay
Prominyはリアリティ・表現力・再現性・柔軟性・操作性、それらすべてにおいて常に他の追従を許しません。全世界の数多くのプロフェッショナルに愛用され、その分野にて頂点を走り続けているProminyはここでヴァーチャル・ベースギター・インストゥルメントを新たなステージへと押し上げます。

SR5 Rock Bass 2 の新機能
– 究極のリアルタイム操作性・柔軟性 – SR5 SPI (Super Performance Instrument)
– エフェクト&アンプ・シミュレータ
– Heavy buzz sustain (非常に強くピッキングして敢えて「ビビり」を強調させたサスティン音)
– Heavy hammer-on (非常に強くハンマリングして弦がフレットに当たる音を強調したハンマリング音)
– ナチュラル・ハーモニクスが全弦、全フレットで演奏可能
– プレイキーで演奏可能なノイズ、その他FX(効果音)などのサンプルを数多く追加
– ポリフォニック演奏の強化
– バリエーション豊富なコード・プリセット
– ユーザー・コード(独自のコードを作成可能)
– カスタマイズ可能なストラム・キー
– アルペジオ・キー
– コード認識機能が備わったインテリジェント・アサイナブル・キー・スイッチ
– 本物のダウン・チューニングのサンプルを収録
– リアルタイム・レガートスライド / ハンマリング&プリング
– NKS (Native Kontrol Standard ®) に対応

その他の主な機能・特徴
– フレットボード・モニター
– ストローク自動検出機能 (Auto Stroke Detection )
– ベース・ギターからダイレクトにレコーディングされたStingRay5そのままの音
(SR5内蔵アンプシミュレータまたはお持ちのアンプシミュレータで好みの音を作ることが可能)
– すべての弦、すべてフレットの音を収録
– ピッキングノイズおよびその他のノイズもすべての弦、すべてのフレットを収録
– 単一ベース音源としては世界でもっとも大きなヴァーチャル・インストゥルメント
前人未到の波形収録数および奏法バリエーションによる圧倒的な表現力
・全ての弦、全てのフレットを音を余すところ無く収録、ハイポジションでの演奏の再現も可能

データサイズ (インストール後): 14.2GB ( .wav ファイルに換算すると約26GB*)
44kHz/24bit

【おまけ】
ちょっと古いけど、このテトさん曲のベースがSR5だったりします。

Author: いーえるP @ TinySymphony

2008年1月に『いーえるP』というP名をニコ動ユーザーの皆さんから付けて頂きました。 TV番組用音楽、企業VP音楽、舞台音楽、劇伴等もたまに作らせて頂いてます。 当サイトは自作曲の発表に加え、管理者のきまぐれにより様々な情報を掲載しております。