鏡音リン第三弾

鏡音リン第三弾

逆襲、舗装はネタ度が高かったせいか、予想外のビュー数を賜り有難うございました。
小心者なのでちょっとビビリ気味ですw
なので今回はロードローラーネタ無しで普通の曲にしてみました(^^;

製作ノート :
リンの歌声は子音分割、子音のみ半音下げ等でヒューマナイズ。
サビ部分は印象を変える為BREを多めにし、Guitar Rig2によるオーバードライブを掛けています。
発音の難しいサ行ですが中音域以上では正常に発音される場合があるのを利用し、子音を分割した上でしゃくり下げる(変な言葉ですが)事で発音可能になる場面がありました。

今回のキモはブラスなんですが、KONTAKT3Bandカテゴリのセクション物でもソロっぽいスマートな音すぎたのでQLSOに入っていたオーケストラ用のトランペットとトロンボーンを無理やり使いました。ホール残響音たっぷりの音でしたが以外に合うのを発見です。

イントロや隙間に聞こえるクラビ、ローズはKORGのM1(ソフト版)です。KONTAKT3に付属している物と最後まで迷いましたが、M1の方がオケに埋もれない芯の太い音でした。

HAMMONDサウンドはお気に入りのRoland VK8Mです。
一般的な各社ハモンドクローンと違いアンプモデリング部が大変優秀で、アウトボード類、ヒューケトを使わなくてもマーシャル等様々なセッティングが出来ます。ハーモニックバーのセッティングもあわせて調整すると音も太く、泣きの音まで可能。
今回は888030000 C2on Perc3RD-Soft AMP-TypeIIIです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます